メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

井関佐和子 不惑の年「新たな挑戦」 アンドロイドの看護師役

 金森穣が芸術監督を務める舞踊団「Noism(ノイズム)」の新作が、本拠・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で6日に開幕する。タイトルは「Romeo(ロミオ)&Juliets(ジュリエッツ)」。「世界一有名なカップル」だが、女性は複数形となり、5人のダンサーが配される。団の看板で副芸術監督も務める井関佐和子の役は、ロザライン。シェークスピアの原作ではジュリエットのいとこで悲劇の遠因ながら、表舞台から消えていく。ノイズム創立から15年目にして初の「表題役以外」だが、金森版ロザラインは「物語の鍵を握るキーパーソンの一人」と井関。不惑の年に与えられた「新たな挑戦」と意気込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです