メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

井関佐和子 不惑の年「新たな挑戦」 アンドロイドの看護師役

 金森穣が芸術監督を務める舞踊団「Noism(ノイズム)」の新作が、本拠・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で6日に開幕する。タイトルは「Romeo(ロミオ)&Juliets(ジュリエッツ)」。「世界一有名なカップル」だが、女性は複数形となり、5人のダンサーが配される。団の看板で副芸術監督も務める井関佐和子の役は、ロザライン。シェークスピアの原作ではジュリエットのいとこで悲劇の遠因ながら、表舞台から消えていく。ノイズム創立から15年目にして初の「表題役以外」だが、金森版ロザラインは「物語の鍵を握るキーパーソンの一人」と井関。不惑の年に与えられた「新たな挑戦」と意気込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1167文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです