メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

井関佐和子 不惑の年「新たな挑戦」 アンドロイドの看護師役

 金森穣が芸術監督を務める舞踊団「Noism(ノイズム)」の新作が、本拠・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で6日に開幕する。タイトルは「Romeo(ロミオ)&Juliets(ジュリエッツ)」。「世界一有名なカップル」だが、女性は複数形となり、5人のダンサーが配される。団の看板で副芸術監督も務める井関佐和子の役は、ロザライン。シェークスピアの原作ではジュリエットのいとこで悲劇の遠因ながら、表舞台から消えていく。ノイズム創立から15年目にして初の「表題役以外」だが、金森版ロザラインは「物語の鍵を握るキーパーソンの一人」と井関。不惑の年に与えられた「新たな挑戦」と意気込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1167文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです