連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

井関佐和子 不惑の年「新たな挑戦」 アンドロイドの看護師役

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 金森穣が芸術監督を務める舞踊団「Noism(ノイズム)」の新作が、本拠・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で6日に開幕する。タイトルは「Romeo(ロミオ)&Juliets(ジュリエッツ)」。「世界一有名なカップル」だが、女性は複数形となり、5人のダンサーが配される。団の看板で副芸術監督も務める井関佐和子の役は、ロザライン。シェークスピアの原作ではジュリエットのいとこで悲劇の遠因ながら、表舞台から消えていく。ノイズム創立から15年目にして初の「表題役以外」だが、金森版ロザラインは「物語の鍵を握るキーパーソンの一人」と井関。不惑の年に与えられた「新たな挑戦」と意気込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1167文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集