メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

松竹新喜劇70周年記念公演 遊園地のように

左から久本雅美、藤山扇治郎、渋谷天外、高田次郎=東京・銀座マリオットホテルで2018年5月23日午後2時38分、小玉祥子撮影

 関西を拠点に活動する松竹新喜劇の劇団創立70周年記念公演が13~22日に東京・新橋演舞場で催される。渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎らの一座に久本雅美がゲスト出演する。

 現代物の「人生双六」(茂林寺文福、舘直志合作、米田亘演出)と時代物の「峠の茶屋は大騒ぎ!!」(茂林寺文福作「七両二分」より、平戸敬二脚色、池田政之補綴(ほてつ)・演出)の人気作品2本立て。

 劇団代表の天外は「短いようで長い70年。遊園地みたいな劇場になってほしい。新喜劇ワールドを楽しんでいただけるようにしたい」と抱負。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです