メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

耳を澄まして

 季節外れの話だが、春の訪れを告げる鳥、ヒバリに関して少し気になる観測結果がある。水戸地方気象台が毎年行っている調査で、鳴き声を観測できない状態が10年続いているという。

 季節の移り変わりを確認するため、動植物の初鳴きや開花の状況を調べる調査で、春先に気象台の半径5キロ圏内で行うが、2009年以降は一度も観測されていない。都市化が進み、餌の採取や営巣…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです