メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ろうそく能

夏恒例 地唄舞と能の「山姥」 大阪

 揺れるろうそくの灯のもとで楽しむ夏恒例の「ろうそく能」が13日午後6時半から、大阪・大槻能楽堂で開かれる。今年は「山姥(やまんば)」という題材が能と地唄舞という異分野の中でどう描かれているかを見る。

 まず大阪の山村流六世宗家、山村友五郎による地唄舞「山姥」。通常は「山めぐり」と呼ばれる部分を舞うが、今回は前半で、山姥が遊女だったころに思いを巡らす「枕づ…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです