メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

きょうも恐れ 農・漁業の被害深刻 /北海道

 道内は4日、停滞する前線の影響で大雨が続いた。5日朝には台風7号から変わった温帯低気圧が津軽海峡付近に進み、日本海側と太平洋側西部で大雨の恐れがある。札幌管区気象台は「これまでより少ない雨量でも災害発生の危険度が高まる」として警戒を呼びかけている。

 気象台によると、2日午前9時の降り始めから4日午後3時までの雨量は、旭川市瑞穂で201ミリ、小平町達布で187・5ミリなど。5日は午後6時までの24時間雨量が太平洋側西部と日本海側南部で200ミリ、日本海側北部で150ミリ、その他の地域でも100ミリとなる見込み。降り始めからの総雨量は300~400ミリに達する恐れがあるという。

 道のまとめによると、大雨による床上浸水は8件、床下浸水116件と石狩川が氾濫した旭川市を中心に被害…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです