メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 栗原市、汚染牧草すべて堆肥化 全国初、国の補助事業で /宮城

 東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された農林業系廃棄物の処理問題で、栗原市は市内に残る国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)を下回る濃度の汚染牧草をすべて堆肥(たいひ)化し、2023年度までに散布する方針を固めた。

 同市は16年から堆肥化の実証実験を進め、他市が実施する焼却処理との比較検証もしてきた。千葉健司市長は2日の記者会見で、堆肥化が「一番安全、安心」と説明した。

 10億円程度と見込まれる事業費は国の交付金などで全額まかなわれる見通し。国はその費用を東京電力に請…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです