メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田新幹線

JR東検討 トンネル整備、財源が壁 地元期待、防災対策にも /秋田

 JR東日本は秋田、山形の両新幹線で新たなトンネル整備を検討している。いずれも在来線を改良した「ミニ新幹線」で、ほかの新幹線に比べ速度や防災面で劣り、地元は改善に期待を寄せる。ただ、JR側は事業の前提として、国や自治体の大規模な財政支援を求めており、スムーズに着手できるかは見通せない。

運休の原因

 秋田新幹線は、奥羽山脈の険しい山岳地帯を走る。沢沿いでカーブがきつく、勾配も大きいため、風雨や雪でたびたび運休や遅延が発生。並行する道路がなく、トラブルの際に乗客の避難誘導も難しい。新ルートの整備が、地元の長年の願いとなっていた。

 JR東は昨年11月、田沢湖(仙北市)-赤渕(岩手県雫石町)に全長約15キロの直線的なトンネルを整備…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです