ツペラツペラ絵本の世界展

7日の開幕前に関連グッズ販売 会場近くの書店でフェア /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 亀山達矢さんと中川敦子さんのアートユニット「tupera tupera(ツペラツペラ)」の絵本の原画などを展示する「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera絵本の世界展」(うらわ美術館、毎日新聞社主催)がうらわ美術館(さいたま市浦和区仲町2)で7日から開催されるのを前に、会場近くの書店で関連グッズを集めたフェアが開かれている。

 須原屋本店(同区仲町2)の1階特設コーナーでは、tupera tuperaの絵本、雑誌全点(約60点)が並ぶほか、7日からはぬいぐるみ、ポストカードなどのグッズ約50点を販売する。赤坂浩史副店長は「より多くの品ぞろえにこだわった。美術館から徒歩1分なので、鑑賞した帰りにぜひ立ち寄ってほしい」と言う。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文475文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集