メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政ファイル

姫路の居酒屋で食中毒続く /兵庫

 姫路市は4日、同市飾磨区中島の居酒屋「串かつ かえで」で6月25日に飲食した男女4人(21~38歳)が腹痛などの症状を訴え、全員から食中毒の原因菌のカンピロバクターが検出されたと発表した。この日に同店で提供された「ささみユッケ」が原因とみられ、市保健所衛生課は食中毒と断定して4~6日の営業停止を命じた。4人のうち男性(38)が3日間入院したが現在は退院、いずれも快方に向かっているという。姫路では6月15日にも食中毒が発生しており、同課は「鶏肉の生食はカンピロバクター菌に感染する恐れがある」と注意を呼び掛けている。

    〔播磨・姫路版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
    2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
    3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
    4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
    5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]