メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国宝木簡てぬぐい

「貴重な史料へ興味を」 32点デザイン 奈文研が考案、飛鳥資料館で販売 /奈良

奈良文化財研究所が作った「国宝木簡てぬぐい」=奈良県明日香村奥山の奈良文化財研究所飛鳥資料館で、藤原弘撮影

 奈良文化財研究所(奈文研)は、国宝に指定された平城宮跡出土の木簡をデザインした「国宝木簡てぬぐい」を作り、奈文研飛鳥資料館(明日香村)などで販売を始めた。研究員が厳選した32点の木簡を並べた写真を基に、幅広い人たちに貴重な史料への興味を持ってもらう狙いだ。【藤原弘】

 平城宮跡で1961年1月に最初に見つかった木簡や、近江国(現在の滋賀県)から古代の高級乳製品の蘇を送った際の荷札、「天平寶字六年十月」と裏に年号が書かれ、甲斐国山梨郡(現在の山梨市を中心とする地域)からクルミを送った際の荷…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです