メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鞆の浦学園

来春開学 校歌、校章が内定 市教委、歌詞を公募 児童ら今秋にも披露 福山 /広島

2019年4月開学予定の義務教育学校・福山市立鞆の浦学園の校章。市立鞆小、鞆中の意匠を受け継ぎ、ナデシコの花びらは虹色という日本の伝統色を用いた=広島県福山市教委学校再編準備室提供

 来年4月に開学を予定する福山市初の義務教育学校「鞆の浦学園」について、公募されていた校歌の歌詞や曲、新しい校章が内定した。鞆町内会連絡協議会や小中学校PTAなどで作る開校準備委員会が、歌詞には岩手県奥州市の小野寺満さんの作品を選んだ。作曲はジャズピアニストの前田憲男さん(83)。24日の市教育委員会議で正式決定する。【松井勇人】

 鞆の浦学園は、市立鞆小と鞆中を統合して新設される。思いのこもった校歌にしようと市教委は昨年11~1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです