メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域団体「きないやせきぜん」

いつまでも島で暮らそう 高齢者の困りごと解決へ発足 今治・関前諸島 /愛媛

「高齢者が住み慣れた島に住み続けることができるように」と活動内容を話し合う「きないやせきぜん」のメンバー=同団体提供

 「きないやせきぜん」(関前においでなさい)。地元を代表する言葉を名前に持つ地域団体が今治市・関前諸島に生まれた。過疎高齢化に手をこまねかず、「高齢者の困りごとに応じ、住み続けやすい島づくり」を目指す。島で育った人、地域おこし協力隊員として移り住んだ人たちが手を組み、8月中にはNPO法人化の見通し。島を元気にするため、さまざまな交流事業も試みる。

 関前諸島の岡村、大下(おおげ)、小大下(こおげ)の三つの有人島の人口は5月末で398人。うち、14…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです