メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

残業代未払い

熊本酪農、是正勧告 菊池労基署 /熊本

 職員への残業代が未払いだとして、熊本県の合志、菊池両市の酪農家でつくる熊本酪農業協同組合(同県合志市)が、菊池労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが判明した。勧告は5月10日付。同農協は対象の職員5人に2016~17年度分の残業代計約160万円を支払った。

     農協によると、未払いは1人当たり数万~約60万円。最も多かった男性職員は、最大で月約50時間の残業代が未払いで、農協が時間外勤務について結んだ労使協定(三六協定)の上限時間も超えていたという。

     是正勧告を受け、農協は非常勤の組合長を9カ月の役員報酬返納、参事を5日間の出勤停止処分とすることを決めた。農協は「6月からタイムカードを導入した他、派遣社員1人を採用している」としている。【杉山恵一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
    2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
    5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]