参院選制度変更

公明・国民、対案提出 あす審議入り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院各派代表者懇談会に臨む与野党の議員たち。中央は伊達忠一議長=国会内で2018年7月4日、川田雅浩撮影
参院各派代表者懇談会に臨む与野党の議員たち。中央は伊達忠一議長=国会内で2018年7月4日、川田雅浩撮影

 公明党と国民民主党は4日、参院選挙制度を変更する公職選挙法改正案を個別に国会に提出した。伊達忠一参院議長が同日に開いた各会派代表者懇談会で、参院定数を「6増」する自民党案に関する仲裁を拒否し、早期審議入りと対案提出を求めたため。これを受け、参院政治倫理・選挙制度特別委員会(倫選特)の石井浩郎委員長(自民)は、自民案、公明案、国民案の3法案を審議する同委を6日に開くと職権で決めた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文686文字)

あわせて読みたい