日米韓外相会談

8日に東京で開催 米国務長官、訪朝結果説明へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル渋江千春】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キムウィギョム)報道官は4日、ポンペオ米国務長官が訪朝後の7~8日に訪日するのに合わせ、韓国の康京和(カンギョンファ)外相も東京を訪問すると明らかにした。8日に日米韓外相会談が開かれ、その場でポンペオ氏が日韓の外相に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長や金英哲(キムヨンチョル)党副委員長との会談結果について説明するとみられる。

 ポンペオ氏の訪朝は今回で3回目だが、6月12日の米朝首脳会談以降は初めて。首脳会談でトランプ米大統領と金委員長が合意した内容に基づき、「完全な非核化」の手順について協議する見通しだ。ただ、北朝鮮国内では核・ミサイル開発を継続しているとみられる動きも出ており、こうした点について北朝鮮側がポンペオ氏に明快な説明を行うかどうかも焦点になる。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集