メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東海第2原発、新基準適合 96万人どう避難

日本原子力発電の東海第2原発。左端は廃炉作業中の東海原発。奥は東海村中心部=茨城県東海村で2018年7月3日、本社ヘリから丸山博撮影

 日本原子力発電が再稼働を目指す東海第2原発(茨城県東海村)の安全対策について、原子力規制委員会が4日、新規制基準への適合を了承した。ただ、30キロ圏内に住む100万人近くを、事故の際にどう避難させるかは大きな課題のままだ。地元同意の対象を実質的に周辺自治体に拡大した「全国初」の協定も結ばれたが、反対も根強い。規制委は「時間切れ」が迫る中で「合格」の結論を導き出したものの、再稼働へのハードルはなお高い。

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2256文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです