連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

東海第2原発、新基準適合 96万人どう避難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本原子力発電の東海第2原発。左端は廃炉作業中の東海原発。奥は東海村中心部=茨城県東海村で2018年7月3日、本社ヘリから丸山博撮影
日本原子力発電の東海第2原発。左端は廃炉作業中の東海原発。奥は東海村中心部=茨城県東海村で2018年7月3日、本社ヘリから丸山博撮影

 日本原子力発電が再稼働を目指す東海第2原発(茨城県東海村)の安全対策について、原子力規制委員会が4日、新規制基準への適合を了承した。ただ、30キロ圏内に住む100万人近くを、事故の際にどう避難させるかは大きな課題のままだ。地元同意の対象を実質的に周辺自治体に拡大した「全国初」の協定も結ばれたが、反対も根強い。規制委は「時間切れ」が迫る中で「合格」の結論を導き出したものの、再稼働へのハードルはなお高い。

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2256文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集