メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

伝説の法廷ドラマ「判決」 圧力受けながら4年200回

「判決」の脚本集を手にする高橋玄洋さん=埼玉県所沢市で6月19日

 「テレビの良心」と言われた伝説の番組がある。半世紀以上前、白黒放送の時代のことだ。

 1962(昭和37)年10月、開局3年が過ぎたNET(日本教育テレビ、現テレビ朝日)はドラマ「判決」の放送を始めた。米国のドラマをヒントに、弁護士事務所を舞台にした1話完結の刑事裁判劇。火曜(後に水曜)夜の1時間番組は最高視聴率30・4%(64年4月8日)を記録した。

 テーマは戦争や貧困、教育、食の安全など硬い内容だった。それがなぜ支持されたのか。「テレビ朝日社史」…

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです