茨城・東海第2原発

新基準適合 原電、なお経営難 再稼働依存、多角化見えず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本原電の業績の推移
日本原電の業績の推移

 日本原子力発電が4日、東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働の前提となる原子力規制委員会による安全審査をクリアしたことは経営難からの脱出に向けた一歩と言える。ただ、再稼働の実現には地元の同意という高いハードルが残っている。また、原電が今後も生き残るには大手電力の廃炉を請け負うビジネスへの本格参入など一層の経営努力が迫られそうだ。【袴田貴行】

 「引き続き東海第2原発の工事計画認可や運転期間延長に関する審査に真摯(しんし)に対応し、安全対策の内容などについて地域の皆様にしっかり説明していきたい」。原電は4日、こうコメントし、再稼働実現に全力をあげる構えを示した。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文870文字)

あわせて読みたい

注目の特集