メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
独立の果てに

南スーダン難民報告 暴力と飢えと炎熱 子供たちの命奪う(その2止)

南スーダン国内最大の国連の避難民保護施設(POC)。白いテントが広がる=南スーダン・ベンチウで2018年4月18日、小川昌宏撮影

気温40度 11万人密集

 乾いた大地が地平線まで広がる南スーダン北部の都市ベンチウ。中心部から車で約10分の郊外に国連が管理する国内避難民のキャンプがあった。整然と区画された敷地に白いテントがひしめく。11万人という避難民の数は、国内のキャンプの中で最も多い。

 周囲に築かれた小高い土手には、鉄条網が張られ、出入り口では国連平和維持活動(PKO)で市民の保護に当たる国連南スーダン派遣団(UNMISS)のガーナ部隊が警戒に当たっていた。隊長は周囲に目をやりながら言った。「いつどんな事態が起きてもおかしくない。気は抜けない」

 40度の暑さが残る午後4時過ぎ。長さ2メートルほどもある薪の束を頭に乗せた女性がキャンプに戻ってき…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1488文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです