メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の4

じっくりした駒組み 観戦記・椎名龍一

 対局場の山形県天童市は将棋の街の他に、果物の生産地としても有名で、特に洋梨「ラ・フランス」の生産量は日本一だそうだ。6月はサクランボの季節で、対局場「天童ホテル」の控室にも「佐藤錦」と「紅秀峰」がおやつとして出されて関係者を楽しませた。

 1歩損をした羽生が[後]7二飛と袖飛車にして歩を取り返す動きを見せるが、佐藤名人は[先]7七金と上がってそれを許さない。1歩損をした後手が何かしら動いて激しい戦いに入っていくのかと思いきや、局面はじっくりとした駒組み合戦に進んでいく。控室の検討陣は「…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです