メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

織田作之助青春賞・U-18賞作品募集

[PR]

 大阪生まれの作家、織田作之助(1913~47年)を顕彰する2018年度(第35回)織田作之助青春賞と、主に中学・高校生を対象にした織田作之助U-18賞の作品を募集します。文学に新風を吹き込む才能の登場を期待します。

 <募集内容・応募規定>青春賞、U-18賞ともに未発表の短編小説。題材、ジャンル、舞台は自由。400字詰め原稿用紙30枚以内(電子データは20字×20行を1枚として換算)<応募資格>青春賞は今年8月末日で24歳以下。U-18賞は来年4月1日現在で18歳以下<添付書>規定の応募用紙に、作品の題名、住所、氏名(ペンネームの場合は本名も)、電話番号、生年月日、原稿枚数を明記<賞>青春賞1編=賞状、賞金30万円、記念品、U-18賞1編=賞状、図書カード(5万円)、記念品<締め切り>8月末日消印有効<発表>19年1月初旬、毎日新聞紙上などで<選考委員・敬称略>柏木治(関西大学教授)、堂垣園江(作家)、吉村萬壱(作家)<応募方法>大阪文学振興会「織田作之助青春賞・U-18賞」係に郵送(〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2の5の11)。インターネット応募と応募用紙のダウンロードは、毎日新聞社のウェブサイト(https://www.mainichi.co.jp/event/culture/odasaku/)にアクセス→織田作之助青春賞→メールで<問い合わせ>大阪文学振興会(06・6775・1567)

 主催 織田作之助賞実行委員会(大阪市、大阪文学振興会、関西大学、パソナグループ、毎日新聞社)/後援 大阪府教育委員会/協賛 一心寺、ルーブル書店/特別協力 三田文学会

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです