メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

織田作之助青春賞・U-18賞作品募集

 大阪生まれの作家、織田作之助(1913~47年)を顕彰する2018年度(第35回)織田作之助青春賞と、主に中学・高校生を対象にした織田作之助U-18賞の作品を募集します。文学に新風を吹き込む才能の登場を期待します。

     <募集内容・応募規定>青春賞、U-18賞ともに未発表の短編小説。題材、ジャンル、舞台は自由。400字詰め原稿用紙30枚以内(電子データは20字×20行を1枚として換算)<応募資格>青春賞は今年8月末日で24歳以下。U-18賞は来年4月1日現在で18歳以下<添付書>規定の応募用紙に、作品の題名、住所、氏名(ペンネームの場合は本名も)、電話番号、生年月日、原稿枚数を明記<賞>青春賞1編=賞状、賞金30万円、記念品、U-18賞1編=賞状、図書カード(5万円)、記念品<締め切り>8月末日消印有効<発表>19年1月初旬、毎日新聞紙上などで<選考委員・敬称略>柏木治(関西大学教授)、堂垣園江(作家)、吉村萬壱(作家)<応募方法>大阪文学振興会「織田作之助青春賞・U-18賞」係に郵送(〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2の5の11)。インターネット応募と応募用紙のダウンロードは、毎日新聞社のウェブサイト(https://www.mainichi.co.jp/event/culture/odasaku/)にアクセス→織田作之助青春賞→メールで<問い合わせ>大阪文学振興会(06・6775・1567)

     主催 織田作之助賞実行委員会(大阪市、大阪文学振興会、関西大学、パソナグループ、毎日新聞社)/後援 大阪府教育委員会/協賛 一心寺、ルーブル書店/特別協力 三田文学会

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
    2. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
    3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
    4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
    5. わいせつ 元消防士に有罪 京都地裁 /大阪

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです