メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

婚外子差別「違憲」最高裁決定(2013年9月) 時代の変化で変わる判断

婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の紙を掲げる婚外子側の弁護団=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法が掲(かか)げる自由や平和、平等などの理念は、いつの時代も同じものであるように見えます。でも、実際には、時代の変化によって、それぞれの理念が示す具体的な中身は変わりうるものです。このことを示したのが、結(けっ)婚(こん)していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続を巡(めぐ)る2013年9月の最高裁決定でした。

 この裁判は和歌山県の女性らが起こしました。両親は内(ない)縁(えん)関係で、父親には法律婚の妻子が…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  3. 社説 菅官房長官の記者会見 自由な質問を阻む異様さ
  4. 勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か
  5. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです