メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

婚外子差別「違憲」最高裁決定(2013年9月) 時代の変化で変わる判断

婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の紙を掲げる婚外子側の弁護団=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法が掲(かか)げる自由や平和、平等などの理念は、いつの時代も同じものであるように見えます。でも、実際には、時代の変化によって、それぞれの理念が示す具体的な中身は変わりうるものです。このことを示したのが、結(けっ)婚(こん)していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続を巡(めぐ)る2013年9月の最高裁決定でした。

 この裁判は和歌山県の女性らが起こしました。両親は内(ない)縁(えん)関係で、父親には法律婚の妻子が…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです