メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

婚外子差別「違憲」最高裁決定(2013年9月) 時代の変化で変わる判断

婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の紙を掲げる婚外子側の弁護団=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法が掲(かか)げる自由や平和、平等などの理念は、いつの時代も同じものであるように見えます。でも、実際には、時代の変化によって、それぞれの理念が示す具体的な中身は変わりうるものです。このことを示したのが、結(けっ)婚(こん)していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続を巡(めぐ)る2013年9月の最高裁決定でした。

 この裁判は和歌山県の女性らが起こしました。両親は内(ない)縁(えん)関係で、父親には法律婚の妻子が別にいました。当時の民法は、婚外子の遺産相続分は法律婚の子(嫡(ちゃく)出(しゅつ)子(し))の半分と定めていました。女性は父親の死後にこの規定を知り、「法の下の平等」をうたう憲法14条に違(い)反(はん)するとして、嫡出子らを相手に同じ額での遺産分割を求める家(か)事(じ)審(しん)判(ぱん)を起…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです