特集

vote18 選挙に行こう

18歳選挙権がスタート。選挙や政治、身近な社会問題について、みんなで考え、学ぶためのページです。

特集一覧

憲法を知りたい

婚外子差別「違憲」最高裁決定(2013年9月) 時代の変化で変わる判断

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の紙を掲げる婚外子側の弁護団=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日、小出洋平撮影
婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の紙を掲げる婚外子側の弁護団=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法が掲(かか)げる自由や平和、平等などの理念は、いつの時代も同じものであるように見えます。でも、実際には、時代の変化によって、それぞれの理念が示す具体的な中身は変わりうるものです。このことを示したのが、結(けっ)婚(こん)していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続を巡(めぐ)る2013年9月の最高裁決定でした。

 この裁判は和歌山県の女性らが起こしました。両親は内(ない)縁(えん)関係で、父親には法律婚の妻子が別にいました。当時の民法は、婚外子の遺産相続分は法律婚の子(嫡(ちゃく)出(しゅつ)子(し))の半分と定めていました。女性は父親の死後にこの規定を知り、「法の下の平等」をうたう憲法14条に違(い)反(はん)するとして、嫡出子らを相手に同じ額での遺産分割を求める家(か)事(じ)審(しん)判(ぱん)を起…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文948文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集