メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

婚外子差別「違憲」最高裁決定(2013年9月) 時代の変化で変わる判断

婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の紙を掲げる婚外子側の弁護団=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法が掲(かか)げる自由や平和、平等などの理念は、いつの時代も同じものであるように見えます。でも、実際には、時代の変化によって、それぞれの理念が示す具体的な中身は変わりうるものです。このことを示したのが、結(けっ)婚(こん)していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続を巡(めぐ)る2013年9月の最高裁決定でした。

 この裁判は和歌山県の女性らが起こしました。両親は内(ない)縁(えん)関係で、父親には法律婚の妻子が…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文948文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです