メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

芥川賞作家・綿矢りささんの父母 山田雅人さん、宏子さん/下 力を信じ、意見を尊重

 小説「インストール」で文芸賞に最年少の17歳で輝き、高校生のうちに作家デビューを果たした綿矢りささん(34)。ペンネームの「綿矢」は、友人の姓から拝借した。「受賞を喜んではいたが、舞い上がる感じはなく冷静だった。賞を取る取らないよりも、いつもいいものを書きたいという気持ちがあったようだ」と、母宏子さんは娘の様子を振り返る。

 大学は自己推薦入試で早稲田大を受験。前日に宏子さんが付き添って上京、ホテルで夜中に目を覚ますと、隣…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです