連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

大飯差し止め認めず 原発存廃、判断を回避 人格権侵害の危険、否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
再稼働した大飯原発3号機(右)と4号機=福井県おおい町で、本社ヘリから加古信志撮影
再稼働した大飯原発3号機(右)と4号機=福井県おおい町で、本社ヘリから加古信志撮影

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を巡る4日の名古屋高裁金沢支部判決は、1審・福井地裁判決を取り消し、原発稼働を認めた。原発の差し止め訴訟は各地で異なる判断が出ており、初めての高裁判決として注目されたが、原発の存廃に関わる判断について「司法の役割を超えている」と言及し、司法としての判断を回避した形となった。

 1審では、原発リスクに対する考え方や、耐震設計で想定する最大の揺れ「基準地震動」などが争点となった。原発の運用について、1審判決は、経済活動の自由として憲法上認められるものとしたが、国民の生命を守る人格権が最優先されると判断した。2011年の福島第1原発事故については「運転を止められたが、核燃料を冷却できずに放射性物質を閉じ込められなかった」とも指摘した。

この記事は有料記事です。

残り2169文字(全文2510文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集