メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魚津水族館

6月巣立ち フンボルトペンギンのヒナ人気

6月に巣立ちしたフンボルトペンギンのヒナ「ピヨサン」=富山県魚津水族館提供

 魚津水族館(富山県魚津市)では5年ぶりにふ化したフンボルトペンギンのヒナが6月に巣立ち、ステージを歩いたり泳いだりする愛らしい姿が見られ、来館者を楽しませている。

     同館によると、飼育員らに「ピヨサン」の愛称で呼ばれているヒナは、長野県須坂市動物園から昨年やってきた「テッテ」(雄、6歳)と「ピヨニ」(雌、5歳)の間の子で、3月26日にふ化。2カ月後の5月26日には体重が約3.3キロになった。6月のはじめから巣を出入りするようになり、同8日に巣を取り払った。

     既に泳げるというが、産毛がまだ生え変わっておらず、成鳥とは違った模様が見られる。担当者は「多くの方に会いに来ていただければ」と話している。【柳澤一男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]