メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

キタシロサイの受精卵作る 種の保存に

 絶滅危惧種のキタシロサイの凍結精子と近縁種の卵子を用いて受精卵を作ったと、欧州や日本などの研究者チームが4日付の科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 ケニアの自然保護区にいるキタシロサイは最後のオスが今年3月に死んで、メス2頭が残るのみ。絶滅寸前の種の保存に向け、チームはキタシロサイの受精卵を作って母胎に移植することを目標としており「絶滅危惧種を救う有効な戦略になる」と期待する。

 チームは、冷凍保存していた精子を近縁種であるミナミシロサイの卵子に顕微鏡で見ながら注入し、受精卵を…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです