メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローカル鉄道劇

長い育休明け 女優の奥山さん出演

育休明けで「銚電スリーナイン~Return to the Roots~」に出演する奥山静香さん=千葉県銚子市で、米田堅持撮影

 劇団「シアターキューブリック」(東京都墨田区)が7月14日から銚子電鉄(千葉県銚子市)で上演するローカル鉄道演劇「銚電スリーナイン~Return to the Roots~」。これまで裏方として支えてきたママさん女優が列車内で上演されるスリーナインシリーズの「初舞台」を踏む。【米田堅持】

 けいこの合間に銚子市内を回って運営や告知の協力を依頼するなど奔走を続ける奥山静香さん(39)。奥山さんは山形県新庄市出身で、大学入学とともに演劇の世界をめざして上京した。舞台女優の多くは、若いときにしかできない役を演じようとするあまり、結婚や出産の時期に悩む人が多いという。奥山さんは、演劇を始めた当初から幅広い年代の役柄を演じてきたこともあって「ヒロイン役より、早く子どもがほしかったし、地に足の着いた人生経験を積んで、厚みのある母親役もできる幅の広い女優になりたい」と考え、24歳で結婚し翌年に長男を産んだ。

 しかし、それまで24時間自分の時間だった世界が一変する育児の現実は想像以上に厳しかった。「子どもは…

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文2001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです