メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、名古屋場所も休場

大相撲名古屋場所を前に熱田神宮で奉納土俵入りをする稀勢の里(中央)。左は太刀持ちの輝、右は露払いの竜電=名古屋市熱田区で2018年6月30日午後1時27分、大西岳彦撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が、名古屋場所(8日初日、名古屋市・ドルフィンズアリーナ)を休場することが決まった。5日、師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が明らかにした。

 稀勢の里の休場は8場所連続9回目。横綱の8場所連続休場は、年6場所制になった1958年以降では、2002年名古屋場所まで7場所連続全休した貴乃花を超え単独最長と…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです