メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

西野監督、退任へ 田嶋会長が表明

ロシアから帰国し記者会見するサッカー日本代表の西野監督=成田空港で2018年7月5日午後0時11分、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場し、決勝トーナメント1回戦で敗退した日本代表が5日午前、チャーター機で成田空港に帰国した。帰国後、記者会見した西野朗監督(63)は「選手はたくましく戦ってくれた」とねぎらい、「4年後のカタール大会で16強を突破できる段階にある。選手の躍進に期待したい」と話した。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、会見の最後に「監督をお願いする時に、西野さんから『結果がどうであれ、この大会で終わり』とあり、約束した。その約束はしっかり守りたい。ですから、慰留することはしなかった。この7月末をもって日本代表監督を終了することになる」と明かした。次期監督について、田嶋会長は「白紙」としている。【福田智沙】

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです