札幌市

「広報誌がベルばら著作権侵害」で謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ベルばら」風のキャラクターが特集で登場した広報さっぽろ6月号の表紙
「ベルばら」風のキャラクターが特集で登場した広報さっぽろ6月号の表紙

「広報さっぽろ」6月号に掲載 7月号に謝罪文掲載

 札幌市の広報誌「広報さっぽろ」6月号に掲載されたイラストが少女漫画「ベルサイユのばら」の著作権を侵害しているとして、作者の事務所「池田理代子プロダクション」(千葉県)が市に抗議した。市は事務所に謝罪し、今月発行の7月号に謝罪文を掲載した。イラストのキャラクターが「ベルばら」を想起させるものだったが、市は作者の承諾を得ていなかった。

 イラストは自転車や地下鉄の利用、ゴミ捨てなど公共マナーに関する6ページの特集で使われ、世間知らずの「マナー・シラントワネット」に指導役「オシカル」が手ほどきする内容。市から委託された市内の業者が製作し、少女漫画風のキャラクターとバラのイラストがあしらわれている。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文552文字)

あわせて読みたい

注目の特集