メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑続く

熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処

熱中症への対処(ポイント)

 熱中症で救急搬送される人が急増している。総務省消防庁によると、1日までの1週間で全国の搬送者数は3473人に上り、前の週の5倍以上となった。統計史上、最も早い6月29日に梅雨明けした関東甲信地方をはじめ、東日本を中心に最高気温が35度以上の猛暑日となる地域が相次いだことが影響したとみられる。熱中症の予防や、症状が出た時の対処法をまとめた。

 熱中症は、高温多湿の中で運動などをした際に、汗をかくなどの体温調節ができなくなって起きる。めまいや…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです