メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大飯原発控訴審

「司法の敗北だ」法廷は怒号と落胆の声

厳しい表情で記者会見する原告団代表の中嶌哲演さん(中央)=金沢市で2018年7月4日、久保玲撮影

 「司法の敗北だ」。関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、名古屋高裁金沢支部は4日、運転差し止めを認めた福井地裁判決を覆した。原発再稼働の判断を国の原子力規制委員会に「丸投げ」したともいえる内容に、法廷は怒号と落胆の声に包まれた。【塚本恒、日向梓、石川将来、高橋一隆】

 「1審被告の敗訴部分を取り消す」。内藤正之裁判長が主文を読み上げると、傍聴席から「その判決、間違っています」と声が上がった。さらに内藤裁判長が判決要旨を読み進め、原発の廃止・禁止について「判断は司法の役割を超え……」と言及すると、法廷内は騒然とした状態に。内藤裁判長が「いろいろな意見があると思うが」と傍聴席に語りかける場面もあった。

 住民側は元々、厳しい判決を想定していた。控訴審では地震や火山などの専門家ら10人の証人尋問を申請したが、採用されたのは元原子力規制委員長代理の島崎邦彦・東大名誉教授だけ。反発した住民側は内藤裁判長らの忌避を申し立てたが却下された。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  2. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  3. #最後の1年 「真紀さん」と挑むスピードスケート名門復活 駒大苫小牧主将

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです