メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省汚職

逮捕された佐野局長「事務次官は確実」の評価

佐野太容疑者

 文部科学省の私立大学支援事業で有利な扱いを受けたいとの依頼に応じたことへの謝礼として、自分の子を大学に合格させてもらったとして4日、東京地検特捜部に受託収賄容疑で逮捕された同省科学技術・学術政策局長、佐野太容疑者(58)=東京都港区。文科省幹部によると、逮捕された佐野局長は「事務次官は確実」と省内で評価されていた。旧科学技術庁出身ながら、通常は旧文部省出身者が務める官房総務課長や会計課長などの中枢ポストを歴任。この幹部は「上司には従順で、部下には高圧的な態度で接する『官僚的な官僚』という評判だった。官房長に就任したのも2~3年早い印象だった」と話した。

 別の文科省職員は「科学技術担当相の秘書官を務めたこともあり、政治家にも顔が利いた。政治家とあまりに親密な様子を見せるので、職員も物を言えない雰囲気があった」と漏らした。【伊澤拓也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
  5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]