メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大飯原発控訴審

差し止め取り消し 「危険性無視しうる」

大飯3、4号機の運転差し止めを巡る主な争点と判決

3、4号機 名古屋高裁金沢支部が住民側逆転敗訴の判決

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを周辺住民らが求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁金沢支部は4日、差し止めを命じた2014年5月の1審・福井地裁判決を取り消し、住民側逆転敗訴の判決を言い渡した。内藤正之裁判長は「原発の危険性は社会通念上、無視しうる程度にまで管理・統制されている」と述べた。東京電力福島第1原発事故以降に起こされた運転差し止め訴訟で、高裁判決は初めて。

 判決はまず、生命を守り生活を維持する人格権について、「原発の運転に伴う本質的・内在的な危険があるか…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文985文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです