連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

「政治に倫理は大事なものでなくなった」 ドイツの哲学者、ガブリエルさんが語る 広がる「21世紀型ファシズム」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マルクス・ガブリエルさん=東京都文京区で、宮本明登撮影
マルクス・ガブリエルさん=東京都文京区で、宮本明登撮影

 「安倍晋三政権は、政治家が倫理から懸け離れてしまった現代の象徴」--。6月に来日したドイツの哲学者、マルクス・ガブリエルさん(38)は学窓にこもらず、国際政治から脳科学、人工知能まであらゆるジャンルに切り込んできた。20代でボン大学教授となり「ドイツ哲学の新星」と呼ばれる知性が、安倍政権、社会を覆う鬱、そして理想社会を語る。【藤原章生】

 知識人を二つに分ければ、ガブリエルさんは沈思黙考型ではなく冗舌発散型だ。ひねりの利いた比喩や笑い話を織り込み、マシンガンのように言葉を放つ。直感で湧いてくる言葉が大きな刺激剤となり、聞く者に新たな考えを呼び覚ます。7カ国語を操り古代ギリシャ語など古語にも詳しく、各国の政治から環境問題、スマートフォンのゲームまで博覧強記の彼に、今の日本はどう映っているのか。

この記事は有料記事です。

残り3355文字(全文3705文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集