メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

松本死刑囚ら刑執行 四半世紀、「教祖」沈黙のまま(その1) 遺族「その時来た」

松本智津夫死刑囚らの刑が執行され、記者会見する高橋シズヱさん=司法記者クラブで2018年7月6日午前11時33分、佐々木順一撮影

 「教祖」への死刑執行--。オウム真理教による一連の事件の首謀者と認定され、2006年に死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)らの刑が6日、執行された。救済の名の下に起こしたとされた1995年3月の地下鉄サリン事件など、一連の事件は日本社会を震撼(しんかん)させた。執行の報を、被害者遺族や裁判関係者らはそれぞれの思いで受け止めた。【伊藤直孝、服部陽、川名壮志、遠山和宏】

 東京・霞が関の司法記者クラブでは、地下鉄サリン事件の遺族、高橋シズヱさん(71)が午前11時過ぎか…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2019文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです