メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

堺市・大阪市(「夫婦善哉」など織田作之助作品) 庶民の意気に注いだ目

 「織田作之助青春賞」と「U-18賞」の募集が始まった。賞に名前を冠する大阪生まれの作家、織田作之助(1913~47年)は、20代で代表作「夫婦善哉(めおとぜんざい)」で注目され、数々の作品を残して33歳の若さで生涯を閉じた。最近、漫画「文豪ストレイドッグス」の登場人物として注目され、足跡をたどる若いファンも増えたという。作家生活の大半を過ごした堺市の南海電鉄北野田駅周辺(当時の野田村丈六)を中心にゆかりの地を歩いた。【伊地知克介】

 北野田駅周辺は買い物客でにぎわっていた。「私がここに引っ越してきた約30年前は『オダサク』在住当時の商店街が残っていました」。ファンでつくる「オダサク倶楽部」代表、井村身恒さん(65)が話す。作家が住んだ長屋も現存しない。

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです