メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術64人 150人は「認定に至らず」 /山形

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で、県が「優生手術」を受けたと認定した151人のうち、64人が本人の同意のない強制手術だったことが5日、県への取材で明らかになった。このほか、県優生保護審査会に提出する「優生手術申請書」があったり、審査会で「手術すべきだ」とされたりしながら、認定まで至らなかった人は約150人いたことも判明した。【二村祐士朗】

 県健康福祉企画課によると、64人は男性34人、女性30人で、強制手術の根拠となる同法4条(本人に「…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1303文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです