メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区) 三菱創設、岩崎家の収集品一堂に /東京

 二子玉川駅近くの商店街を抜け、住宅街の小高い森の中に1992年に開館した静嘉堂(せいかどう)文庫美術館がある。

 静嘉堂文庫は、三菱社長を務めた岩崎弥之助(1851~1908年)、小弥太(1879~1945年)の父子2代によって設立された。現在は漢籍と和書を含む20万冊の古典籍と6500点の東洋古美術品を収蔵。コレクションには中国陶磁の至宝で、国宝に指定されている「曜変天目(ようへんてんもく)」もある。

 静嘉堂の名称は、中国の古典「詩経」の「〓豆静嘉(へんとうせいか)」の句から採用。祖先の霊前への供物が立派に整うことを意味する。小弥太は1924(大正13)年、岩崎家高輪本邸(現開東閣)から父弥之助の霊廟(れいびょう)がある世田谷区岡本に静嘉堂文庫を移した。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです