メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

加賀地方で 県「氾濫、土砂崩れ警戒を」 /石川

大雨で水位が上昇した鍋谷川=石川県能美市和気町で2018年7月5日午後4時20分、久木田照子撮影

 台風7号から変わった温帯低気圧や活発な梅雨前線の影響で、県内は5日、加賀地方を中心に大雨に見舞われた。金沢地方気象台と県は加賀、白山、能美、小松市に土砂災害警戒情報を発令。強い雨は6日まで続く見込みで、県危機対策課は「河川の氾濫や土砂崩れが起こりやすい状態が続く」として注意を呼びかけている。

 同気象台によると、5日午後5時までの24時間降水量は、白山河内で観測史上最大の278ミリを記録。ほかに加賀菅谷162・5ミリ▽小松139ミリ▽白山白峰136ミ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです