メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州人軽快問答

作家・井出孫六さん テーマに従い、言葉力強く /長野

県歌制定50年「信濃の国」

 「信濃の国」が県歌に制定されて今年で50年。この歌が長く県民に親しまれているのはなぜなのか。旧臼田町(現佐久市)出身の作家、井出孫六さん(86)=東京都在住=に聞いた。【長沢英次】

 --子どもの頃の信濃の国についての思い出は。

 「小学校に上がる前、姉に連れられて臼田小学校の運動会に行ったことがあります。フィナーレが信濃の国で、女子がみんな着物姿で非常にあでやかな舞を踊っていました。そんなことを覚えています。ただ、信濃の国という歌は、子どもには誠に難しい。実に深みのある文語調の歌詞です」

 --歌詞の地域バランスについてはどう思いますか。

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1716文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです