メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県農林大学校 ウイークエンド農業塾 初心者も収穫の喜びを /和歌山

刈り払い機の操作方法を見学する受講者=和歌山県かつらぎ町の県農林大学校で、松野和生撮影

 県農林大学校(かつらぎ町中飯降)が開講している一般向け研修講座「ウイークエンド農業塾」が人気を集めている。将来、農業に取り組みたい人や趣味の家庭菜園に親しんでいる人などに初歩的な知識や技術を受講無料で伝授している。申し込みが定員を上回り、抽選になる年もある。

 果樹と野菜の2コース(定員各15人)があり、今年度はともに5月12日にスタート。日程は土曜の計8日間で、果樹は来年1月まで、野菜は今年11月までとなっている。今年度の果樹コースでは柿や梅、ミカン、ブドウなどの栽培の基礎知識を習得し、野菜コースではトマトやレタス、白菜などについて種まきから定植、収穫までを学ぶ。病害虫や土壌肥料…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです