「星新一×真鍋博」展

時代築く、二人の表現 表紙や挿絵原画200点 県美術館 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1977年の香港旅行時に笑顔で写真に納まる(左から)小松左京、真鍋博、星新一=和田誠氏撮影、愛媛県美術館蔵
1977年の香港旅行時に笑顔で写真に納まる(左から)小松左京、真鍋博、星新一=和田誠氏撮影、愛媛県美術館蔵

 原稿用紙20枚以内に物語を収める「ショートショート」の分野を確立し、日本を代表するSF小説作家となった星新一(1926~97年)。日本のイラストレーターの草分けとなった真鍋博(1932~2000年)。ペアを組んだ多数の本から二人の世界をたどるコレクション展「星新一×真鍋博=本、ふたりの仕事」が松山市堀之内の県美術館で開かれている。8月19日まで。【松倉展人】

 会場に入ると、1冊の雑誌が目を引く。小説家デビュー直後に32歳の星が発表した作品「おーい でてこーい」(宝石1958年10月号)。当時26歳の真鍋が挿絵を描き、初めて星とペアを組んだ。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1036文字)

あわせて読みたい

注目の特集