メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 対中関税きょう発動(その1) 農家は鉄の犠牲か

対中追加関税、報復の標的

 トランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争。鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限に続き、6日には中国だけを対象にした追加関税を発動する。保護主義政策で利益を受ける「鉄の町」が特需に沸く一方、中国の報復関税の標的となる農家は打撃を被る。トランプ氏の支持基盤に大きな亀裂が生まれている。

 視界360度の遠くまで広がる大地に大豆とトウモロコシが青々と茂る。全米3位の農業生産高を誇る中西部ネブラスカ州。農産物の3分の1は輸出され、最大市場が中国だ。中国による報復関税の対象には同州の農産物の大半が含まれ、現地では怒りと不安が交錯していた。

 「農業はまるで王子の身代わりにムチ打たれる少年だ」。州南部シェルトンの約970ヘクタールの畑で大豆…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文877文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです