メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ漁

漁業委、合意できず 中国、漁獲上限反対

 日本や中国、台湾など8カ国・地域がサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が5日、閉幕した。深刻な不漁に見舞われる日本は乱獲防止を目指し、公海での漁獲量に国・地域別の上限を設ける規制の導入を提案したが、中国とバヌアツが反対し、合意できなかった。乱獲防止ルールが定まらないことで、日本で「庶民の魚」として親しまれてきたサンマの価格上昇や漁業者への影響が懸念される。

 年次会合は東京都内で3日から開かれ、日中台のほか、韓国、ロシア、バヌアツ、米国、カナダが参加。日本は昨年に続き漁獲枠設定を提案した。水産庁によると、ロシアや台湾など5カ国・地域は「資源の減少傾向は明らか」と日本案を支持した。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです