メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 対中関税きょう発動(その2止) 農家「殴り合いやめて」

マーク・マクハーグさんが飼育する豚も中国の報復関税の対象だ=米中西部ネブラスカ州セントラルシティーで2日、ルーベン・モナストラ撮影

 

 「米国第一主義」の下、貿易戦争も辞さない強硬姿勢のトランプ米政権。その発足を支持した人々は今、どう感じているか。

 「トランプ大統領は規制緩和や減税、保守的な最高裁判事の選択など、いいことをたくさんしてくれた。だが、通商政策には同意できない。『やったな』と互いに殴り続けているようなもの。これ以上はだめだ、と誰かが言わなければ」

 米中西部ネブラスカ州セントラルシティーで、大豆やトウモロコシを生産するマーク・マクハーグさん(51…

この記事は有料記事です。

残り2405文字(全文2621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです