メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本版「司法取引」

斎藤隆博・最高検新制度準備室長

 他人の犯罪を捜査機関に明かす見返りに自分の刑事処分などを軽くしてもらう日本版「司法取引」(政府略称は合意制度)が6月1日にスタートして1カ月余。組織犯罪の解明につながる新たな捜査手法とされるが、無実の人を冤罪(えんざい)に巻き込む危険性も指摘される。検察官、弁護士、専門家に運用のあり方や課題などを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4309文字(全文4463文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです