メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮
ぷらすアルファ

目黒女児虐待死 「一日里親」子守る地域の挑戦

船戸結愛ちゃんが虐待され死亡した自宅のアパートには「ゆっくりあそんでね」と書かれたぬいぐるみが手向けられていた=東京都目黒区で2018年6月8日、玉城達郎撮影

ぷらすアルファ(α)

 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待され死亡した事件は6日、両親の逮捕から1カ月を迎えた。全国の児童虐待件数は年間12万件を超え、増加の一方だ。家庭で起こる子どもへの虐待事案を防ぐため、私たちに何ができるのか。地域の人たちが一日だけ「里親」のような役割を担うことで、虐待を防ごうと動き出した。

この記事は有料記事です。

残り2513文字(全文2679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです