メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西野Jの財産

サッカー/中 スタッフ奮闘支え

練習前に武藤の背中にGPS装置をつける日本代表の早川コンディショニングコーチ(右端)

 選手たちが毎朝、宿舎の食堂前に置かれている数台のタブレットを使い、質問事項に答えを記入していく。「どのくらい疲れていると感じるか」「何時間眠れたか」。具体的な数値だけでなく、疲労度を「主観」でも測ることが狙いだ。

 日本サッカー協会には前回W杯ブラジル大会の反省がある。事前合宿での追い込みすぎや、合宿地と試合会場の寒暖の差など、コンディション調整が敗因の一つになったというもの。今大会は利便性のいい合宿地を選ぶなど、体調管理にさまざまな注意が払われた。

 血液、尿検査のほか、練習では全員が全地球測位システム(GPS)を装着。走行距離、ダッシュの回数、心…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです