労災認定

社員自殺 ゴンチャロフ、上司叱責 西宮労基署

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 洋菓子メーカー「ゴンチャロフ製菓」(神戸市)の男性社員(当時20歳)が2016年6月に自殺したのは、上司とのトラブルや超過勤務でうつ病状態になったためとして、西宮労働基準監督署は労災認定した。遺族らが5日、記者会見して明らかにした。

 亡くなったのは14年春に入社した前田颯人(はやと)さん。16年6月、JR摂津本山駅(神戸市)を通過中の快速電車に飛び込んで死亡し…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集